« PWより | トップページ | ヘンリー・ブラウンの誕生日 »

2008.12.10

本、ほん

 月末に届くPR誌の楽しみがひとだんらくしたら、月初の楽しみは「本が好き!」(光文社)と「asta*」(ポプラ社)です。

 月末の「ちくま」では、水村美苗さんの、『日本語が亡びるとき』の「あとがき」の後日談みたいな感じの文章が載っていて、おもしろく読みました。この本の影響は今月発売されている文芸誌にも重なっていて、「新潮」では梅田さんとの対談が、「文学界」では鴻巣さんとの対談がそれぞれ違う切り口で載っています。ちなみに、メインの主題ではないですが、「新潮」では、蓮實さんの記事でもこの本についてふれられていました。

 「図書」では、いよいよ(!)ル=グィンのゲド戦記が少年文庫入り情報が。訳者あとがきも入るようです。まずは1月に2冊刊行予定。少年文庫もどんどん充実していくので、ラインナップが楽しみです。11月に刊行された新刊『カレワラ物語 フィンランドの神々』(小泉保編訳)もよかった。

 「みすず」では、服部文祥さんの「狩猟山行記・前編」が読めます。ちくまの新書で出た、服部さんの新刊『サバイバル!』も買わなくちゃ。

 月初、「本が好き!」では豊崎由美さんの「ガター&スタンプ屋ですが、なにか? わたしの書評術」がどんどんおもしろくなってます。今月号では、“同一作品の複数書評紹介”で、ネタバラシ問題について考えていくもので勉強になります。あと、テーマエッセイの「今年読んだ「最高の一冊」も読みごたえあります。内澤旬子さんの最高の一冊はぜひ読まねば。

 「asta*」は小川糸さんの連載が佳境です。単行本でまとめて読むのが楽しみ。方波見さんの連載も楽しみになってきたので、ちょっとあとのお楽しみにとってあります。

 

« PWより | トップページ | ヘンリー・ブラウンの誕生日 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/43380173

この記事へのトラックバック一覧です: 本、ほん:

« PWより | トップページ | ヘンリー・ブラウンの誕生日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索