« 本、ほん | トップページ | 冬眠中のカエルをおこしてしまった »

2008.12.11

ヘンリー・ブラウンの誕生日

ヘンリー・ブラウンの誕生日
エレン レヴァイン カディール ネルソン
鈴木出版

 原題は"Henry's Freedom Box"。翻訳は千葉茂樹さん。
 2008年コールデコット賞のオナー作品。読者をじっと見つめるようなまなざし、表紙の中心にいる少年、ヘンリー・ブラウンの存在感は、コールデコット賞受賞作、オナー作品の中でも強烈な存在感があった。
 来年には、アメリカの大統領はオバマ氏になる。オバマ氏の出自の説明でよく見かけたのが、奴隷の先祖をもたないという記述だった。いまも色濃く残るといわれている人種差別だが、この絵本は、まさにその奴隷制の話だ。

 奴隷は誕生日をもたない。自分の年も正確にわからない。家族とも、いつ離ればなれになってもおかしくない状態におかれ、物のように扱われ、人として大事にされない。

 ヘンリー・ブラウンもそういう奴隷のひとり。小さい時に、親から離れた所で働かされる。けれど、小さな幸せを手に入れることができた。しかし、その幸せすらも……。

 厳しい実話。帯には「ほんとうにあったお話」と大きな文字で書かれている。
 上の子は物語を読むと、それが自分の心に響くものであれば必ずといっていいほど、「これ、本当にあった話?」と聞いてくる。その彼がこの絵本を読み、「本当の話なんだ。ひどい話だ」と重たい顔で最初の声を出した。

 版元紹介には「これは、わたしたち人間が決して忘れてはならない歴史であり、人間らしく生きる希望と誇りを持ちつづけたひとりの人間と、自由の重みを伝える実話です」とある。そう、確かに「自由の重みを伝える実話」絵本。ぜひご一読を。

« 本、ほん | トップページ | 冬眠中のカエルをおこしてしまった »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

いのうえさま

コメントありがとうございます。この絵本、翻訳がしっかりしていることもあり、何度も何度も子どもと一緒に読んでいます。中学生の息子も読み返しているほど。幅広い年齢で読めるすばらしい絵本ですね。これからもできる範囲で、オススメしていきたいと思っています。

はじめまして。
ヘンリー・ブラウンの誕生日の版元で、
広報を担当しております井上と申します。
ブログに取り上げていただいて、
ありがとうございます。
重い絵本ですので、なかなか子どもたちの
手に渡るまでが難しいかと思うのですが、
オバマ大統領が就任した今こそ、
日本の子どもたちにも知ってもらいたい事実です。
これからも鈴木出版をよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/43386650

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンリー・ブラウンの誕生日:

« 本、ほん | トップページ | 冬眠中のカエルをおこしてしまった »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索