« 雑誌で読める大学講義 | トップページ | お初のこと。 »

2009.01.22

Tobie Lolness

トビー・ロルネス〈1〉空に浮かんだ世界 Toby Alone
Amazy

 トビー・ロルネスの本は、とてもとてもおもしろい。新しく感じる比喩があり、その比喩はけして過剰なものではなく、対象となるものの輪郭をはっきりさせる気持ちのよい新鮮さがあった。初めて読んだ時は、だからびっくりしたのだ。その気持ちのよいくらいの引き込まれ方に、作者が愛情をもって書き上げた物語だとうことがよく伝わってきたから。

 昨夜、この作品の英訳(原書は仏語)が、翻訳作品に贈られるイギリスの児童文学賞Marsh Awardを受賞したことを知った。英訳もとてもいいと聞いていたので、それはうれしいニュース。

 邦訳では全4巻になり、今月もうそろそろ3巻目が出るところ。3月には4巻目も出るので、全体を読める日も遠くない。

 児童文学における古典的な成長物語でもあり、冒険物語でもある。その一方、今の空気をたっぷり含んでいる。あらすじをここに書いたとしても物語の輝きを損なうことはないと信じているけれど(実際私がそうだったので)、でもここではあえて詳細を語らないことにする。ぜひぜひ多くの人に読んでほしい。心の深いところで共感する物語だと思うから。

« 雑誌で読める大学講義 | トップページ | お初のこと。 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

びわさん

はい、この本おもしろいです。私は最後まで筋を知っているのですが、それでも、物語の形で読むのが待ち遠しくてなりません。

筋を知っていても、なお味わえる文章で描かれているんですよね。

この本、表紙のセンスが良くて何か気になっていたのですが、そうですか、面白いのかあshine
通しで読まないと筋を忘れてしまうので、4巻めが出たら読んでみたいです。

フランス語の原書では上下2巻なのですが、かなり分厚くなるので4分冊になったようですね。これからの展開がとにかくまた読ませるので、3巻、そして最終巻には期待してください。ジェットコースター的展開ではないのですが、とにかく読ませます。4巻全部でるまであと2か月ですね。私が言うのもなんですけれど、どうか信じて待っていてください。

こんにちは。
この本確かに面白かったです!

やまねこ賞のときは、1巻しか読んでいなくてもやもやしていたので、投票できず。2巻を読み終えた後またもやもやしました。4巻一気に読みたい様に思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/43826134

この記事へのトラックバック一覧です: Tobie Lolness:

« 雑誌で読める大学講義 | トップページ | お初のこと。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索