« ほろ苦い味 | トップページ | ごはん »

2009.02.15

殺人者の涙

 この場所に、偶然やってくる者はいない。チリの最南端、太平洋の冷たい海にノコギリの歯のように食いこむ地の果てに。

 物語はこの文章からはじまる。
 偶然やってくる者はいない。つまり意志をもってこの地に訪れる人はいるのだ。その土地に住む、ポロヴェルド農場には、夫婦と子どもが一人住んでいた。旅人たちは、ポロヴェルド夫妻の家で宿をとり、またどこかに去っていく。そうして、ある一月の暖かな日に、アンヘル・アレグリアがやってきた。彼の名前は「天使(アンヘル)」と「歓喜(アレグリア)」という名をもつ殺人者だった――。

 夫妻の子どもの名はパオロ。何歳なのか自分でわかる前に、その機会を失ってしまった。アンヘルによって、パオロの人生は新たな展開を迎える。それはあらためて生き直す道でもあった。

 冒頭から過酷な展開に、思わず絶句するものの、不思議と残酷だと思わずに受け入れる。この物語はまるで、民話のようなところがあるのだ。アンヘルもパオロも、後に出てくるルイスも木こりも。それぞれの役割がまた別のところにあるように、厳しく物語は紡がれていく。生きることの、幸福さと不幸が等しく、時に不幸に傾きつつ、帳尻をあわせていくのを読むのは、いままでにない不思議な気持ちを抱かせる。

 言葉のもつ命を感じる物語でもあり、パブロ・ネルーダの詩が印象的に挿入されている。

« ほろ苦い味 | トップページ | ごはん »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/44075684

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人者の涙:

« ほろ苦い味 | トップページ | ごはん »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索