« ひとやすみ | トップページ | またべつのひとやすみ »

2009.04.30

おおかみのおいしゃさん

おおかみのおいしゃさん (大型絵本)

 『こねずみディディ・ボンボン』以来、ちびちゃんは、オルガ・ルカイユの絵本がとってもお気に入り。おどろおどろしいのだけど、お話はかわいらしさもあり、独特の魅力があります。動物はどの動物でもリアルでコワイんですが、なにもここまでおっかなく描かなくてもと思うのですが、いやな怖さではないのです。

 岩波書店からルカイユの2冊目は『おおかみのおいしゃさん』。具合が悪くなったウサギのマルクが、お母さんに連れられて、いろんなお医者さんのところに出かけます。けれど、もぐらのお医者さんも犬のお医者さんも、ウサギのためになるような診断をくだしません。「みんな自分のつごうばっかりだね」とはちびちゃん。さて、最後に診てくれたおおかみのお医者さんはどうだったでしょう。

 作者オルガ・ルカイユは、すでに亡くなっているのですが、邦訳もいくつかあります。他の作品もぜひ読みたいところです。

« ひとやすみ | トップページ | またべつのひとやすみ »

子どもと読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/44846979

この記事へのトラックバック一覧です: おおかみのおいしゃさん:

« ひとやすみ | トップページ | またべつのひとやすみ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索