« The Carnegie and Greenaway Medal 2009 | トップページ | 晴天 »

2009.06.26

てがみ

 まんなかの子が宿泊学習から元気に帰ってきました。
 家族でいつもいる子がいないとやっぱりさみしいものがあり、ちびちゃんが、「なにしているかなあ、そうだ、てがみかこう!」
 そうはいっても、彼女の手紙はさっぱりしているのですが。ちなみに、きのうの、きのうのきのうというのは、この宿泊学習の準備を1週間前くらいからしていて(そんなにたいそうな準備物はないのですが)、横でみていたちびちゃん、「しゅくはくがくしゅう」というのは、すごくおもしろいものなんだと、毎日うらやましそうに見ていたんです。「わたしも、はやくしゅくはくがくしゅう行きたい!」と言ってましたから。

 天気にも恵まれ、昨日の自主学習課題は「家族にみやげ話をすること」。ちょっと珍しいアメフラシや、イソギンチャクをみたこと。夜にお友達とおしゃべりしたこと。さすがにいつも早起きする子が、今朝は3人の中でいちばんゆっくりに起きてきました。

 けいちゃんへ

 けいちゃん しゅくはくがくしゅう楽しかったですか? わたしたちは、いつもどうりに、やっています。けいちゃん きのうの、きのうのきのう楽しみにしていたからね(ハートマーク)けいちゃん、だいのだいのだいすき。☆

« The Carnegie and Greenaway Medal 2009 | トップページ | 晴天 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

しのさん

うちのちびちゃんも中学にあがってからも手紙を書いてくれるといいなあ。顔文字入りの手紙いいなあ。

上の息子2人も、もっと小さい時はこまめに短い手紙を書いてくれたのですけれど。どうなりますか。

そしてそして、これだけの手紙を書いていても、今晩も寝る前は大げんか。でもまあ、これも仲良しなんでしょうねえぇぇぇ。

かあいー!happy01 らぶりー!heart04
家族仲良しで、いいですね〜。
うちの次女も、夜が遅い父とは、平日会えないので、よく手紙を書いています。
以前からカラーペンを駆使してカラフルだったんですが、
中学生になったら、顔文字入りになってますます賑やかになりました。
こんな感じ → (≧∇≦)

bakuさん

なぜかひらがなで書かれていると、すぐに意味が頭に入ってこないので、声に出してしまいますよね。まあ、ちびちゃんの日本語はまだ文法がしっかりしていないので、よけいになのです。親ばかですが、それがおもしろくて、よくリクエストしているのですが、気持ちがのっているときしか書いてくれませんです。

でも、こうして手紙を書いて帰ってきて仲良くしているかというと、いつも以上にケンカして、2人で相手のわるくちとか言い始めたりしてwobbly、まったくもうだなあと思う人間関係ですね。

さかなsanがよく(こどもから) ほしいのはてがみ というような事 書いてらっしゃるけれど。いいなあ。家族から家族へのてがみ。そして、いもうとにこんなてがみもらえるおにいちゃん(ハートマークまでついてて、うっとりconfident
「しゅくはくがくしゅう」とあると、おもわず声をあげて読んでしまいます(「宿泊学習」だとたぶん黙読です) いいきもちにさせてもらったので、わたしも「そうだ、てがみかこう!」。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/45455847

この記事へのトラックバック一覧です: てがみ:

« The Carnegie and Greenaway Medal 2009 | トップページ | 晴天 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索