« 稲 | トップページ | 旅の絵本――想い出 »

2009.09.23

きりのなかのサーカス

きりのなかのサーカス  

 待望の復刊。ブルーノ・ムナーリの『きりのなかのサーカス』がフレーベル館より刊行されました。翻訳は谷川俊太郎さん(以前は好学社さんから八木田宜子 さんが訳されていました)。原書は1968年に刊行されています。これはオススメ!

« 稲 | トップページ | 旅の絵本――想い出 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

ステキですね。到着してからまだじっくりとはページを開いていないのですが、少しずつ。このトレーシングペーパーを霧になぞらえるって、シンプルですが、こんな風につくりあげるなんて、すばらしい才能だなあと思いました。
原書のつくりもみてみたいものです。

ブルーノ・ムナーリ、先日、仲間内でやってる絵本の勉強会で、やったばかり。「きりのなかのサーカス」なかなか、素敵なつくりの絵本でした。「ナンセンスの機械」が、「ものぐさトミー」みたいで、すごくおもしろかった。ムナーリってお茶目なのねって思いました。「誕生日の贈り物」は現物はなかったんですけど、とてもわくわくするつくりで、是非本物を見てみたいなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/46293517

この記事へのトラックバック一覧です: きりのなかのサーカス:

« 稲 | トップページ | 旅の絵本――想い出 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索