« 詩は酒の肴になる | トップページ | おやすみ »

2009.10.07

ごはん

1007 台風の被害が大きいものではありませんように。今日は何度も進路を確認するために天気のニュースを読んでいました。

 新米の季節ですが、いつも食べているアキタコマチの新米はもうちょっと待つことになりそうなので、おととい新のつかないお米を買いたしてきました。お米やさんでおしゃべりしてきたのですが、低温で保存状態がよければ1年たったお米も古米といわず、熟成米とよんでいて、食味値も新米の時とあまり変化がないそうです。「人も年をとってくるといい味がでるでしょう、お米もそうですよ」と仰ってました。若いお米はまだまだ味も安定しきっていない感じがするそうです。確かに、今回買ったお米も十二分においしいです。でも、「新」がつくものは、なんだかワクワクするので楽しみではありますが。

 地元のカリフラワーがスーパーで出ていたので、今日はやわらかめにゆでてパスタの具にしました。肌寒い一日だったのでクリーム系にしようと決めていたので、玉葱のスライスをオルチョと塩でじっくり炒め、小麦粉と牛乳でホワイトソースをつくります。これはとっても簡単でそしておいしい。コンソメなどまったくいれずにおいしいソースができます。他に豚バラ肉を薄く切ってカリっと焼いて、炒めたパプリカ、ゆでたカリフラワーで、できあがり。おいしかったです。

« 詩は酒の肴になる | トップページ | おやすみ »

食べること」カテゴリの記事

コメント

渡辺さん

この連休は北海道の妹がきていたので、すっかりレスが遅れてしまいました。

カリフラワーは旬の時期がみじかいので、スーパーに地元産がでると買うようにしています。クリームとの相性、とってもいいですよね。私の大好きなオリーブオイルとの相性もすごくよくて、今度買った時はポタージュにしようと思ってます。

ほんとうに家族があまり好きじゃなくて、自分ひとりだけ好きなものって、さみしいですよね。このおいしさを分かち合いたいのに!って。私は牡蠣がだーいすきなのですが、家族はそれほどでもないので、あまり食卓にのせられません。フライだといいのですが、私はフライじゃない食べ方をいろいろするのが好きなんですよね。

こんにちは。
カリフラワーとクリームってたまらない組み合わせですよね!私はカリフラワーに弱いのですが、残りの家族2人が好きじゃないのでなかなか食べる機会がありません。
ひとりぼっちで夕飯、のときくらいです。寂しい〜。

地元産のカリフラワーが入手できるなんて、最高ですね。
私も(一人寂しく)トライしてみます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/46424263

この記事へのトラックバック一覧です: ごはん:

« 詩は酒の肴になる | トップページ | おやすみ »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本