« だめだめ大人たち | トップページ | 石釜 »

2009.10.31

あかちゃんにあえる日

あかちゃんにあえる日 (わくわく世界の絵本)

 『あかちゃんにあえる日』

 キンバリー・ウィルス・ホルト作 ギャビ・スヴャトコフスカ絵 河野万里子訳 小峰書店

 2006年に原書が刊行された時、あのYAの名作『ザッカリー・ビーヴァーが町に来た日』(白水社)を描いたキンバリー・ウィルス・ホルトの絵本だ!と飛びついた一冊でした。届いた原書は期待以上にすばらしく、ギャビ・スヴャトコフスカのこってりしたカラフルな絵もすてきでした。読んだ当時、ちびちゃんはまだ保育園児。こんな会話を交わしていた時でした。

 園の帰りにおなかの大きい(来週が予定日!)ニンプさんに「あかちゃんは もう うまれた?」とおなかをなでながらとつぜん聞くちびちゃん。「まだよ、だからこんなに大きいの」「そう、おなかキックするの?」「すごくするわよ」「そうか、赤ちゃんに会いたいなぁ」

 絵本の表紙で人待ち顔にしている少女はアイリス。おばさんに男のあかちゃんが生まれると知り、いつ生まれるのだろうと心待ちにし、パパやママ、おじいちゃんにおばあちゃんたちに、「グレゴリーはいつうまれるの?」と聞き回ります。それぞれの大人たちの受け答えがまたいいんです。そうやって待ってまって誕生したグレゴリー。あれをしよう、これをしようと持っていたアイリスが、うまれたグレゴリーを抱いて思うことはなんでしょう。

 ホルトのまなざしのあたたかさは、どの物語にも共通しています。このやさしさの物語につけられた絵も幸せに充ち満ちています。ほんのちょっぴりこの絵本の誕生に関わったひとりとして、ほんとうにうれしい刊行です。

 

« だめだめ大人たち | トップページ | 石釜 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/46633806

この記事へのトラックバック一覧です: あかちゃんにあえる日:

« だめだめ大人たち | トップページ | 石釜 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索