« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.25

こぼし

P6250014pola01
 ちぃちゃんとデート。
 漆でこぼしをぬるイベントに参加しました。
 ひとつひとつのこぼしに色をぬり、「こぼし村」に入村登録します。
 名前や年齢、仕事や将来の夢を書いた登録票をつけて完成。
 この子の名前はメガ君だそうです。
 かぶれないように手袋をしてぬります。
 赤と黒のみ。
 絵の具とはまた違う感じがおもしろかった。

2011.06.24

トーク 絵本 本

Book! Book! AIZU
南陀楼綾繁 × 北尾トロ × えのきどいちろう トークショー 「はじめてのブックイベント」に行ってきました。

自分ひとりの楽しみに出かけるのはとても久しぶり。
お三方それぞれ本にたいする思い、それは一箱古本市であったり、高遠ブックフェスティバルのことだったり。声のよくとおる、えのきどさんのトークにすいつけられました。
この中で南陀楼さんが一番年齢が下ということもびっくり。
途中から、このブックイベント会津でのボス(?)、山本さんも入り、
大きなトピックがあるわけでもないのに、本っていいよねという思いが共有できたおもしろいトークショーでした。
あと早く50歳になってJR「大人休日」の恩恵にあずかりたくなりました。
北尾さんとえのきどさんはこの「大人の休日」でお手頃価格で東北にいらしたそうです。
本の楽しみ方はいろいろあって、
古本の魅力、新刊の魅力、それぞれが対立するのではなく、新大陸で本の世界が豊かな広がるといいなあ。 
北尾さんの「レポ」最新号も購入しました。

会場の三番山下さんでは辻恵子さんの原画展や「かがくのとも」の絵本も購入できるようになっていて、2冊購入。サイン入りです。ほくほく。

061124pola

こちらは辻恵子さんの切り絵ができるまでの動画

2011.06.22

日本語に生まれて

世界 2011年 07月号 [雑誌]

 日本語に生まれて  中村和恵

 世界を「わかる」(intelligible)ものにすること、それが物語ること、歌うこと、描くことの役目だ。こういうやりかたで変化を連続性の中に吸収していく思考が「野生の思考」だとすれば、文学の力を信じるものは「野蛮人」なのかもしれない。おそらくそうなんだとおもう。


 歌が世界を存在させる、物語が世界を守ってくれる――

 中村和恵さんはオーストラリア先住民族の発想をひきながらそれを普遍的に正しいとおもっていると。

 中村さんがいうように

 ひろい意味での文学と研究、教育は、切実に必要なのだとわたしはおもう。いまこそ文学なのだと。

 という言葉にふかく共感。

2011.06.21

赤べこ

Photo
 先週末、義妹家族が遊びにきてくれ、赤べこの絵付け体験を一緒にしてきました。
同じ見本をみても、きょうだいそれぞれの絵付けがおもしろい。
 中央にあるカードは、母がたんじょうびに送ってきてくれたもの。押し花教室でつくったそうです。

 さすがに高校生ボーズは部活でつきあってくれません。
 朝から夜まで柔道づけになっています。

2011.06.18

たんじょうび

F29f5ba54da34ac7a2c6c67ec1a82337_7
 数日前ぞろめの誕生日を迎えました。
 おいしいワインを友人から贈っていただき、つれあいと乾杯。
 ちなみに夕食は家族御用達のラーメンやさんでラーメン。

 いい日を過ごせることに感謝。

 地元図書館が半年近く移転のため休館していたのですがそれに加えて震災で開館が遅れ、ようやく私にも余裕ができて何回か行って久しぶりに新しい絵本をかりてきて読んでいます。本はやっぱりいいなあ。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索