« みどり | トップページ | 参考書 »

2011.09.18

曲り角のさきにあるもの

アンのゆりかご―村岡花子の生涯 (新潮文庫)

単行本で刊行された時に読みたいな思っていたのだけれど、いつしか月日はたち文庫本になり、書店でみつけて購入しました。

解説は梨木香歩さん。

「曲り角のさきにあるもの」を信じるという解説のタイトルを読み、引用されている文章が目に飛び込んできたとき、あ、この本は今買わなくちゃ、と思ったのでした。

「いま曲り角にきたのよ。曲り角をまがったさきになにがあるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの」

ご多分に漏れず私も村岡花子訳の『赤毛のアン』に夢中になったひとり。
新潮文庫から出ているシリーズをくまなく読んだものです。

本書は身内の方が書かれた村岡花子の生涯。距離感よく記されたその生涯は、きら星のような人とつながった村岡花子さんがいました。

ぐいぐいひきこまれ充実の読後感。すごい人でした。

« みどり | トップページ | 参考書 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/52779804

この記事へのトラックバック一覧です: 曲り角のさきにあるもの:

« みどり | トップページ | 参考書 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本