« 新刊 | トップページ | 授業参観 »

2012.03.18

子どもが書いた子どもの震災

この本は震災で避難を余儀なくされた三姉弟の震災後から1年を綴った日記です。
新聞に連載されたものに挿絵がつき、ルビがふられ、子どもが読む本として刊行されました。

三姉弟の視点で書かれた避難生活は、1年間の中で少しずつ落ち着いていったことがうかがえます。
落ち着いたというのは、安心安全になったというのではなく、いまここで生活していくことについては納得していったという心の動きがよく伝わってきます。
そしてこの本には直接の文章を載せていないご両親の気持ちも、子どもたちの日記から伝わってきます。

ぜひご一読を。

« 新刊 | トップページ | 授業参観 »

おススメ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/54355296

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが書いた子どもの震災:

« 新刊 | トップページ | 授業参観 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索