« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月

2014.08.24

あこがれの生活

 いろいろな理由はあったものの、
 そのひとつにこの漫画の寮生活のあこがれがあった次男坊。

 その生活で1学期が過ぎ、
 飛び石的に帰省した夏も終わり、
 寮生活はやっぱり銀の匙のようにおもしろいこともあると言ってました。

 いろーんな人がいて、
 感情もろもろぶつかる時もあるようだけど、

 とりあえず「楽しい!」と言っていることに安堵。

 まあ、勉強の方はこの漫画の主人公のようにはいかず(苦笑)、
 常盤君に近いのだけれど、

 なんとか自分の選択肢を広げるために勉学にも励んでもらいたいと母は心から願っています。


2014.08.04

テキストに絵をつけること

「子どもと本」の最新138号に、イギリスの雑誌「SINGAL」(いまは刊行されていません)に掲載されたセンダックが他の人のテキストに絵をつけることを語っている記事が翻訳されています。

まあ、それがおもしろくて濃い話で、

久しぶりにセンダックとジャレルの本を再読しました。
残念ながら、『夜、空をとぶ』は現在品切れのようです。

センダックはこう語っています。
「僕がしようとしたのは、テキストに、またはランダルの心の中に、自分をもぐりこませること。というのは、いいテキストにさし絵をつける時には、(結果的にはそうなるのですけど)本の中に自分を見つけるというより、画家の意識は、テキストの中に作者を見つけだしたり、あるいは、サブテキスト――作者が目指しているテキストんも深層――を掘りおこそうとしています。」

『夜、空をとぶ』、絵をじっくりみると、見るものがたっぷりあり、時間のたつのを忘れました。『詩の好きなコウモリの話』も続けて読むといいです。とはいえ、こちらも現在は品切れのようですね。ただ岩波書店は定期的にこの本も復刊しているので、タイミングあえばぜひ入手をおすすめします。



2014.08.01

シリーズ3冊め

今日から少しずつ読んでいる本。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索