« 大いなる沈黙へ | トップページ | 若い寡婦たちには果物をただで »

2014.10.13

ローマ環状線、めぐりゆく人生たち

「大いなる沈黙」を観たあと、その日のメインの用事まで時間があり、
もう一つ映画をみた。

「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」

この映画を選んだのは、「大いなる沈黙」と同じ映画館だったこと。
重いスーツケースをひきずりながら次の映画館に行くのは億劫だったこと。

ドラマよりドキュメンタリーがみたかったので。

去年、一昨年と、食の仕事でイタリアに行き、
このローマ環状線をちょこっと通った。

一昨年はちょっとしたトラブルで、
真夜中、知らない家族の車でここを走った。

映画は植物学者が気の音を聞く様、
没落貴族が住んでいるお城を日々の食い扶持のために貸し出す様、
ウナギ漁師が後継者がいないことを嘆く様、
救急隊員が仕事の合間に老親を介護する様、

それらは特別ではなく、彼らのふだんであり、
淡々と日常が描かれて、

ドラマティックではないせいか、
「大いなる沈黙」でも両脇の人がすーすー寝ていたが、
この映画の両隣の人もすーすー寝ていた。


とても楽になれる映画で、
私は寝ないで最後まで楽しんだ。



« 大いなる沈黙へ | トップページ | 若い寡婦たちには果物をただで »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/60474341

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ環状線、めぐりゆく人生たち:

« 大いなる沈黙へ | トップページ | 若い寡婦たちには果物をただで »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本