« 北欧風パンケーキ | トップページ | 2015/11/28の覚え書き »

2015.11.23

図ると測る

高校生ボーズとおもしろいセミナーを受講しました。

地元大学の文化研究センターによる公開セミナー
「学校生活の質の向上をはかる」

集団づくりを通した学校生活の質の向上とその効果について、
基調講演と、出席者による意見交換を通して検討します。

という文言に惹かれての参加申込み。

寮生活を送っているボーズ君の話を聞くだに、
集団生活についていろいろ考えることが増えました。

それは彼も同じらしく、
即答でOK。

参加者の中でリアル高校生は彼ひとり。
また、教職じゃない大人も私ひとりだった感じ。

セミナータイトルの
「はかる」はあえてひらがな。

「図る」と「測る」の両方の側面から語っていただきました。
おもしろかったのは、「測る」の方。

QUシステムの第一人者の方が講師だったので、
参加者にもその診断システムを使わせていただき、
そこから読み取るものがぴったりなのに、
息子とふたりでなるほど!と。

「学校生活の質」とは、学校における、「生活と環境」、「他者との関係」、「自分について」の認識であり、学校生活が快適であるかどうかの基準となるもの。

それを測るために、領域毎の意欲をみていくのですが、
彼のように、集団生活に強いストレスをもっていても、
進路意識が強いと、おもしろい結果がでてくる。

残念なことに、
教師側からのアプローチがないと
生徒側から質の向上を高めるのは難しいこと。

けれど、
このセミナーに参加したことで、
ソーシャル・スキルはものすごく高められていることがわかったことは、
息子にとってよかったみたいです。

私にとっても、納得、安心できる要素がみえたのは、
大きな収穫でした。

学校での学びは生きていく力になる、
と仰る講師の先生の話には本当にそうだと思います。

しかしながら、生徒よりも教員の意識の改善が必要であることも事実。


帰宅して、娘にもQUテストを試したところ、
とてもがっかり、しかし納得の結果。



どの仕事もいまはいそがしくなっているのが現実。
でも、シンプルに愛情をもって生徒に対峙して欲しいと
切に願うばかりです。










« 北欧風パンケーキ | トップページ | 2015/11/28の覚え書き »

覚え書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9198/62736604

この記事へのトラックバック一覧です: 図ると測る:

« 北欧風パンケーキ | トップページ | 2015/11/28の覚え書き »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索

最近読んだ本

  • rumblefishの最近読んだ本