« 歳の神 | トップページ | 薄曇りの日曜日 »

2019.03.10

福寿草

Img_9584

今年も福寿草の季節がやってきました。
例年より早く感じるような気もするのですが、
なにせ、今年は暖冬でした。

お彼岸までは雪も降るかもしれませんが、
薄化粧程度でしょうか。

娘っこが小論文のテストの問題でおもしろいのを読ませてくれました。
彼女はこの課題を選ばなかったのですが
鴻上尚史『コミュニケイションのレッスン』には、

「世間」とは、あなたと利害・人間関係があるか、将来、利害・人間関係が生まれる可能性が高い人達のことです。(中略)
「社会」とは、今現在、あなたと何の関係もなく、将来も関係が生まれる可能性が低い人達のことです。
なるほどなと思いました。
この2つは別世界。
著者は日本人はこの2つの世界を生きていると書いています。

これにあてはまる人がいま近くにいます。
彼女は周りの人間の感情にまったく関与せず、仕事も積極的にはしません。
しかし、家族に関することはまめまめしい様子が窺えます。

2つの世界をもって生きることは成熟していることなのだろうかと考えました。

自分ならどんな小論文が書けるのか、ちょっと考えてみます。




« 歳の神 | トップページ | 薄曇りの日曜日 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福寿草:

« 歳の神 | トップページ | 薄曇りの日曜日 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Google



  • ウェブ全体から検索
    ココログ全体から検索
    1day1book内検索