雑記

2018.06.05

オルラヤ・グランディフローラ

Img_2897

今年は庭の花観察を楽しんでいます。
いままでも咲いていたのかもしれませんが、
初めてみたのが、このオルラヤ・グランディフローラ。

花の名前を参考にしているサイト
松江の花図鑑
こちらのページをながめていたら、
この花がトップページに出ている日で、
名前がわかったのです。

野の花はご存知のとおり、似ているものも多く
名前探しが楽しみのひとつでもありますが、
このサイトには本当にお世話になっています。 
写真もきれいですし、見分け方が親切に説明されてあります。

花の色や葉っぱの形で画像検索をかけ
これぞと思った花の名前でまた検索し、
最後は「松江の花図鑑」サイトで確認という流れ。

春の季節に咲く、このまわりの花はだいたい網羅できました。
名前がわかると楽しい。

以前このブログでもご紹介したこの本を一番読み込んでいます。
野と里・山と海辺の花
この本のよさは、紹介してくださった方が仰っていたように
和名の由来で覚えられることです。
花の名前はカタカナ表記が多いのですが、
カタカナだとなかなか覚えられない、覚えにくいのです。

和名だと、
垣通し(カキドオシ)
酸葉(スイバ)
母子草(ハハコグサ・ホオコグサ)
など、記憶しやすいのです。

水田の近くに咲く花
川縁に咲く花

雑草で、整備のために刈り取られることも多い野の花ですが、
そのときに見た花の名前がぱっといえるのも楽しいので、
これからも観察にいそしみます。


2018.04.21

ぼんさい

Img_1684

昨年、ぼんさいのワークショップを受けて以来自分のぼんさいが欲しかったのです。
ふふふ。
そして、ようやく入手しました。

鉢より石についているほうが、水やりをしすぎないとアドバイスいただき、
こちらの写真のものを選びました。

まずは毎日の水やり。
既に愛着たっぷりで、毎日うれしく眺めています。

ぼんさいが欲しい方はぜひこちらへ。
ぼんさいや「あべ」


2018.03.11

ブランチと福寿草

Img_0892

昨日家族で映画を観に行きました。
娘っこは観たかった映画をまさか公開初日に行けるとは思ってなかったようで、とても喜んでくれ、私も観たいと思っていた「15時17分 パリ行き」と観られて満足といい一日。

映画は長い前振りで結論は一瞬という感じでしたが、彼ら3人の子ども時代が描かれていたからこそ、ラストの晴れやかな場での母親たちの喜びが伝わってきて涙。学んだことがすべて活かされ、スペンサーはどれだけ誇らしかっただろうか。

そうしたら今朝もいいことがありました。
なんと、娘っこがおいしいブランチをつくってくれたのです。
フレンチトーストにハムとチーズも入ったもの。
美味でしあわせな朝。

Img_0900

庭の雪もすっかりとけ、いつものように福寿草も咲いています。

あれほどあった雪もとける。

毎年のことですが、雪がとけるのは不思議にも思えるのです。
福寿草もいつも咲いてくれて、それも不思議。

よい週末でした。

2017.07.29

盆栽

Img_7700_1

先日、盆栽のWSに参加しました。
つくるのかと思いましたが、

ビデオで盆栽の概要を知る
次に実際に松の木をみて、自然の形を観察
それから、実際に盆栽をつくる過程を観察

写真は枯れた松の木です。
枯れた松の木は幹の具合などをみるのに
とても適しているそうで、
確かにもう枯れているのだけれど、
枯れる前の力強さは枝だけになっても残っている様に思えました。

盆栽ではあえて枯れた枝のようにみせるものをつくります。
神(じん)というそうです。

幹、枝、眺めていると見飽きませんでした。
自分の眼がすっかり盆栽眼(?)になり、
このWS以降、松をみると盆栽としてみるようになってきました。

意識が変わったのですね。
おもしろいです。






2017.05.06

GW!

01cfed743ccdc6c17e7ced7be3626a339cd

ちぃ撮影。
今日は何もかも綺麗に見えた!
そういって画像を送ってくれました。

ちぃとは行動を別にして、同窓会に行く子を送りがてら
大人ははしご温泉。

お湯のいい共同浴場を2つ入ってきました。
こじんまりとしていて、気持ちがいいのです。

01bc48a5fc729b1007619ef172fb85fe6a3

桜も愛でながら短いながらも充実した一日。
帰宅して夜からまた読み仕事。
今年はいっぱい読めてうれしいな。

ただ、読み仕事を抱えているので、
思ったように、帰省中の子とおしゃべりできないのが
少々残念。

可能な限りいろいろ話を聞いて楽しんでいるのですが、
もっとも驚いたのが、
コンビニに一緒に行ったとき、
私だけがお金をおろすために店に入り
車の中で待っていたとき、
隣の車の運転手さんが、助手席に小さい子どもを
乗せてタバコをすっていて、
それをジェスチャーで注意を促したそう。
え、そんなことする子だったのとびっくりしました。
知らない大人に、注意ができたことに驚いたのです。
まあ、その方は「窓をあけているから大丈夫よ」と
年配の女性だったらしいのですが、
意にも介さなかったとか。
うーん。

帰宅してちぃにもその話をしたらびっくりしてました。
うん。そういうキャラではないと思っていたのだけど、
成長しているのだな。

2017.01.03

2017年お正月

20170103

あけましておめでとうございます。

例年通り、京都から友人家族がきてくれて、
そのおかげで、大掃除もすすみ、
机まわりもすっきり。
本の山は段ボールに入れて納戸に避難させました。

おしゃべりざんまいしながら、
31日はしゃぶしゃぶメイン。
こづゆはこの日で寸胴鍋の2/3を食べました。

ちぃは初めてのオール。
受験生なのに、ね。

翌日もただただおしゃべりして飲んでと極上の時間。
お昼も恒例ラーメンを食べに。

夜はいつものお正月料理。
画像がそれです。
くらかけ豆でつくったひたし豆のおいしいこと!

友人たちが帰宅したとたん、風邪症状が悪化。
とろんとろんと過ごしました。

今年もたくさん本を読み、
ビールを減らして
文章を書き
未来につなげていこう。



2016.10.10

会津木綿の変化

Img_4356

すてきな企画

9月

 

28日

「椀ダ布ル展3」

が開催されています。
会津木綿がすてきな装いをみせてくれます。
東京造形大学の学生さんたちが、会津木綿のストライプのリズミカルなパターンに魅了され、縞模様の調査研究をスタート。

緯糸に強い撚りをかけ、それを「会津ちぢみ」と名付け、次は染めも取り入れ、実直なストライプな会津木綿にかろやかなデザインが入りました。

生地の確保もまだ難しいので、まずはこういう小さい洋服の形なのだそうですが、展示に来られた方には私も含めて、ぜひ実際の洋服サイズでつくってほしいという要望が出ているそうです。

特に、布を少し小さくきってヒラヒラとした装飾になっているのはすてきで、お出かけの服装にぴったりだと思いました。

実現しますように!

2016.08.16

01d8a4d73df32c6f0cbeb81871d3a33b8b1

今年の夏休みは
受験生と就活生がいることもあり、
毎年夏に一泊の家族旅行をしていたのですが、
そういうおおきなイベントのない夏を過ごしています。

朝起きて、
ごはんつくって娘を朝練に送り出し、
息子をたたき起こして勉強するようおしりをたたき、

上の息子は短い帰省を既に終え、また柔道三昧。

小さい頃を思い出すと、いろいろしたもんだと思いますが
いまはひとりひとり進路の時、
来年の夏はどんなかな。


2016.05.02

歩く

01551d81d8df7dcb6f05a2c8e748111d534

つれあいと近所を歩いています。
これはリンゴの花。

ここ数年基盤整備で、タンボはいろんな重機で形をかえていって、
つれあいは水路に興味があるらしく
熱心に見入っているのです。

私は四つ葉探しをしながら、
夏にむかっているタンボの草花を愛でておりまする。

読み仕事もひとだんらくし、
明日からはお休みらしくのんびりと。

子どもたちは部活で大人のしばしの休日となりそうです。








2016.02.20

おしばいは楽し

01149d65e52e2fc64259d8f32e5760b7f77

ブログ友達 が前のポストを読んで送ってくださった友達の友達の通信!
封筒からでてきた通信を読んでときめきました♪

まさに今読みたかった内容なのですもの。
偶然観ることになった大衆演劇。
あれから、ネットでいろいろ読みふけったり、思い出したり、

中学生の娘も気に入るとは思っていませんでしたが、
彼女は動画でいろいろ検索して、煌座の動画があんまりないーと
少々がっかりしていました。

先入観なしにみたお芝居の「長屋騒動」は、
イマドキの台詞まじりで、とにもかくにも笑えます。
あんなに大笑いしたのって、いつぶりだろうと思えるほど。

そして芝居の後のショーのきらびやかさ。
繊細で、それでいてすごく現代的で。

お芝居もショーも楽しめるなんて、
お得だなあと思いましたよ。

舞台のおもしろさを思い出しました。

名古屋に住んでいた時は
大須のロック歌舞伎を年に一度観るのが楽しみで、
ハーフ&ハーフを飲み、頼んでお弁当を食べながら、
笑って、感動して観たものです。

京都に住んでいた時は
落語もときどき観ました。

文字通り、目の前で繰り広げられる
人間のドラマは最高の娯楽。





より以前の記事一覧