« まなざし | トップページ | 自叙伝 »

2004.01.19

バーニンガム

ジョン・バーニンガムの「ちいさいえほん」シリーズは、文字通りすりきれるほど子どもと読んだ。
特に『いぬ』は、短い絵本なのですっかり暗記し、夜ふとんのなかで、絵をみないで子どもに聞かせていた。
谷川俊太郎訳のこの絵本を何度も読んだ子どもたちはすっかりバーニンガムさく、シュンタローやくと、絵本の表紙をみるとすぐ口にしている。まんなかの子どもは、その絵本に落書きしたので、どんどんボロボロになっていくちいさいえほん。落書きするほど、彼はこの絵本が大好き。末っ子は、ぼろぼろでも、にこにこ楽しそうに聞いている。そして、いちばん上の子は、「この絵本は、短いんだけどとびっきり楽しいんだよなぁ」といまも、7年前と同じように横で聞いている。

« まなざし | トップページ | 自叙伝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーニンガム:

« まなざし | トップページ | 自叙伝 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ