« 印象派 | トップページ | あくたれラルフ »

2004.04.25

書店

ふだんはオンライン書店を利用することが多いのだが、直接本を手にとってみることのできる、リアル書店の楽しみには勝てないなあと思った。あぁ、こんな本だったんだと手にとることができるのはうれしい。今日書店で購入した本は『追憶の作家たち』。著者が大木篤夫の娘だということを知り、興味をもった本なのだが、よみはじめるとすごくおもしろい。うれしい収穫本だった。

« 印象派 | トップページ | あくたれラルフ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書店:

« 印象派 | トップページ | あくたれラルフ »

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ