« 追憶の作家たち | トップページ | チム、ジンジャーをたすける »

2004.05.26

沖釣り漁師のバート・ダウじいさん

ピンク色がとってもきれいな絵本。ひさしぶりに、「読んで」コールがかかり『沖釣り漁師のバート・ダウじいさん』を読んだ。マックロスキーの絵本は『かもさんおとおり』や『すばらしいとき』など楽しい絵本がある。でも、このピンク色がとってもきれいなので私にとっても愛すべき1冊。くじらの欲しがっているものは、我が家の子どもたちもとても好きなもの。いちばん下の娘も、すぐほしがるほど。ぺたんとする感覚がなんとなく気持ちよいのかな。前に読んだ時には、それほど気にとまらなかったのが、今回読んで、子どもも好きだよねととても納得してしまった。

« 追憶の作家たち | トップページ | チム、ジンジャーをたすける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖釣り漁師のバート・ダウじいさん:

« 追憶の作家たち | トップページ | チム、ジンジャーをたすける »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ