« ごはん | トップページ | 絵本 »

2004.08.26

harappa

雑誌という形がとても好きなので、いつもおもしろいのはないかなと思って探している。いまよく読んでいるのは、「harappa」。04号がでたので早速ゲット。執筆者の上野瞭という名前があり、えっと思う。あの上野瞭? そう、月刊「絵本」1975年11月号に書いた記事が掲載されていたのだ。「なぜ猫なのか…ということ」と題された文章はまさに上野氏のもので、愛猫家として猫が好きではないということも含めて、久しぶりに上野氏の文を読んだという満足感。最後に読んだ上野氏の文章は「みすず」2001年4月号の「越境の文学」と題した高見広春の小説について論じたものだった。

記事でもうひとつおもしろく読んだのは、「はらっぱハウスのつくりかた」。スタッフメンバーが3人続けて退会した痛いできごとを書きながら、場をつくっていくことのしんどさと楽しさが伝わってくる。好きなことを場にして、人を募り形にしていくのはむずかしい。でも楽しみがあればのりこえられるんだよね。次号も楽しみです。

« ごはん | トップページ | 絵本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: harappa:

« ごはん | トップページ | 絵本 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ