« ペルセポリス | トップページ | 恋愛市場 »

2005.07.10

 まんなかの子がサッカーボールを蹴る絵を描いた。はじめてボールの模様(?)まで描いたので、すごい!といっぱいほめたら、ちびちゃんも、「これ、サッカーボール」と独特の模様入りのまーるい○を描いた。こんな風に見えるのだろうか。刺激を受けて、それをすぐさま取り入れていく子どもたちの絵はいつ見ても楽しい。上の子も、すごい!とほめた絵は「どれ、見せて」と必ず見ている。次はどんな新しい絵を見せてくれるかな。

 土曜日は保育参観のあと、いつもの保護者会の会議が市内のホテルで行われた。これで9月までは次はない。土曜日の整理をしたら、少しこのことから頭を離さなくては。

« ペルセポリス | トップページ | 恋愛市場 »

コメント

Incisorさん、こんばんは。

 子どもたちの絵は、成長の様ももりこまれているようで、変化が大きくおもしろいですね。まんなかの子は、上の子の絵を参考にするので、目の描き方はそっくり。おっしゃるように、贈り物のようなひとときです(^^)

さかなさん、こんにちは。

まんなかのお子さんやちびちゃんのかいた模様を想像するのはとても楽しいです。子どもたちの絵は魔法のようですよね。子どもの目をとおしていろんな世界をあそべるのは、おくりもののような時間です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« ペルセポリス | トップページ | 恋愛市場 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ