« まとめて | トップページ | ターザンロープ »

2006.05.19

SF児童書

 若干、体調に波あり。天気の激しさがもう少しおだやかであればなぁ。
 いま読んでいる本。SF空気のYAです。読んだら感想書きます。

ペリー・Dの日記
L.J.アドリントン作 / 菊池 由美訳

(追記)読みました。おもしろかった!
未来都市で働く14歳の少年が、仕事現場で見つけた一冊の日記。読みふけるうちに見えてきたものは……。日記という形は物語にあう。作者自身も、1950年代の日記からこの作品のインスピレーションを得たらしい。トニ・Vとペリー・Dの前向きに、上向きにという言葉、私ももらいたい。表紙のきれいな「水」、これも物語のキーワード。

« まとめて | トップページ | ターザンロープ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SF児童書:

« まとめて | トップページ | ターザンロープ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ