« アスパラガス | トップページ | あちらこちら »

2006.06.09

写真と絵と文のコラボ絵本

オンライン書店ビーケーワン:のぞく

『のぞく』 天野祐吉・文 後藤田三朗・写真 大社玲子・絵 福音館書店

 タイトルがなんともそそられるらしく、『のぞく』とよみあげた時すでに子どもたちは「おもしろそう、何をのぞくんだろう」と寄ってきました。どのページにも様々な形の、のぞき穴がしかけられ、絵の向こうにチラリと写真が見えます。でも、決して何かはわかる大きさの穴ではありません。絵もそれぞれテーマをもって描かれ、巻末に説明が添えられていて、あとで読むと、へぇ、なるほどと感心。写真はどれもちょっとユーモアがあり、少しレトロでもあります。子どもたちも、この小さなの穴の向こうには何があるのだろうと、ずっと集中して見て聞いて楽しみました。最後にこの絵本に書かれていた文章を紹介します。

 「のぞく」ことは、知らない世界に足をふみ入れることです。むかしから人間は、なにかをのぞくことで、自分たちの世界をひろげてきました。知らないものを知りたいとのぞむこころ。好奇心。それをもつことで、人間は想像力というふしぎな翼をもつ動物になったのです。

« アスパラガス | トップページ | あちらこちら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真と絵と文のコラボ絵本:

« アスパラガス | トップページ | あちらこちら »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ