« あったかい | トップページ | ご飯 »

2006.10.31

新しいレンズ

図書」11月号より
アーサー・ビナード 鮭と星々と死者たちの向こうに、から

マーウィンの観察眼は鋭いだけでなく、常に人間の枠を超えた広がりを秘めている。ただし派手に人間をかなぐり捨てようとはせず、少しも力まずに、さり気ない比喩で読者に新しいレンズを与える。例えば"Separation"では、別離の悲哀を味わっている自分自身を、刺繍の針の目を通して見つめた。


 離れているとき

ここにあなたがいないことが、針に通した
糸のように、私の中を貫く。何をやるにも
その縫い目が増える。いないあなた色で。


« あったかい | トップページ | ご飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいレンズ:

« あったかい | トップページ | ご飯 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ