« ゆず湯 | トップページ | ご飯 »

2006.12.24

真理

真理

噛みしめれば噛みしめるほど
この世は美しいものです と
リーダーに書いてあった
私は学校から
いつものようにはだしでかえった
ひからびた畑で
ごくつぶしのおじいさんがこっそり
ひからびた蕪を抜いていた
――噛みしめれば噛みしめるほど
   この世は美しいってほんとかい?
骨と皮だけのおじいさんは云った
――そのとおりだよ ジャック
そして歯のない口をあけて
蕪をかじった

   詩:天野忠 未刊詩集〈続・掌の上の灰〉より 

« ゆず湯 | トップページ | ご飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真理:

« ゆず湯 | トップページ | ご飯 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ