« ハレの料理 | トップページ | 青春スポーツ小説 »

2008.12.26

火を熾す

 ごくたまに、つれあいに本を読むことがあります。つれあいの手だけが動かす必要がある場合で、それにまとまった時間がかかる時、ですね。ですから、本当にまれなのですが。何年も前に、庭に、石釜をつくっていた時に読んだのは、アルスから出ていた『源平盛衰記物語』。これはその横で遊んでいた子どもたちも耳にしていて、わりあいきちんと耳だけでひろって聞いていましたっけ。で、今回は、『火を熾す』をば。表題作を読んだのですが、ある男が厳寒の中、火を熾す。まとめてしまうと、ひとことでも言えるのですが、これがすごい迫力で、読んでいる私も、聞いているつれあいも、だんだん緊張感が高まってきて、途中でとうとう一回休憩をいれたほど。いやはや、ジャック・ロンドンもすごいけれど、これを訳しだしてくださった柴田氏のお仕事に深く感謝。この一作にうちのめされて、まだ続きを読んでいません。そろそろ読んでみようか。

火を熾す (柴田元幸翻訳叢書) (柴田元幸翻訳叢書―ジャック・ロンドン)

« ハレの料理 | トップページ | 青春スポーツ小説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 火を熾す:

« ハレの料理 | トップページ | 青春スポーツ小説 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ